岡野オサムのそれゆけ!田舎暮らし

CONTENTS
プロローグ
山の開発大作戦
趣味の家づくり
オサムのよもやま話
リンク集
HOME

趣味の家づくり
    
これまでに自分で建てた建築物を紹介します。

 
現在、建設中の家は・・・

門から上がってきた正面のこの場所に、以前は鉄骨とスレートでできた倉庫がありました。しかし「殺風景でもったいない!」と妻が言うので、この倉庫を新居にリフォームすることにしました。鉄骨を隠す必要があったので普通の新築より余計に手間が掛かりましたが、7年かかってやっと完成に至りました(^^)v
◆完成までの道のり
【1】 倉庫の裏を広げて床を作る
【2】 壁と屋根を作る
【3】 ウッドデッキ作り〜サッシ取り付け
【4】 勝手口〜玄関口作り
【5】 配管工事
【6】 左半分の基礎工事
【7】 左半分の床〜骨組み
【8】 屋根作り
【9】 外壁作り
【10】 内壁作り
【11】 窓枠&室内ドア取り付け
【12】 おばあちゃんの部屋の天井作り
【13】 ガーデニングの準備
【14】 玄関ポーチ
【15】 玄関と台所のタイル貼り
【16】 薪ストーブの台作りと背面の石貼り
【17】 トイレを作る
【18】 脱衣所を作る
【19】 風呂場を作る(1)
【20】 風呂場を作る(2)
【21】 風呂場を作る(3)
【22】 風呂場を作る(4)
【23】 風呂場を作る(5)
【24】 フローリング貼りと壁塗り
【25】 新居ほぼ完成 NEW!
   

最初に建てた家は・・・

山頂の地ならしと道路作りが終わった後に、最初に建てた家です。当時は工事現場にあるような緑色のプレハブでしたが、母屋が完成した時に改造して現在の形になっています。しかし結局作りかけの状態で終わってしまい、今は「倉庫」と化しています。(^^;

次に建てた家は・・・

25年前は丸太小屋に関して日本の気候や地震、火災に対しての耐用性を考えたうえで、重量鉄骨の骨組みに半割の丸太を張り付けて丸太小屋風に仕上げています。家を作るに当たっては、地面に適当に線を引き大きさを決めた為に、家が実際に建った時は想像以上に大きな建物になり当時ビックリしてしまいました。家を建てている途中で村の人達が、建物を高くすると台風の時に大変よ!と言う意見が多くて、それならばと正式な2階建てを断念して、母屋は中2階にしました。しかし時々後1メ−トル高くしても良かったなと・・・思います。私の別荘は日本の三大強風地帯にあり、台風が来るたびに風速50〜60メ−トルの強風が吹き、風速50メ−トルまで耐えられるガラスが時々粉々に割れてしまいます。
この度、母屋を展示場に改造するに当たり、梁に使える材木が手に入らず困っていました。しかしお世話になっている材木屋さんから「古民家を解体しているのだけど材木が入るのなら運んできてあげますよ」と申し出があり、親切にもタダで運んできてくださいました。(TT)
これで梁の問題が解決し、母屋の改造が一気に進みました。