岡野オサムのそれゆけ!田舎暮らし

CONTENTS
プロローグ
山の開発大作戦
趣味の家づくり
オサムのよもやま話
リンク集
HOME
オサムのよもやま話

その16 「町内会には絶対入れないと言われる」

ある日、村人にゴミを捨てる場所や町内会の話をしたところ、たとえば村の人は昔から皆で草刈をしたり管理したり昔からの共同の土地も持っている。そのような土地
が道路に引っかかった場合は町内で分ける事になるから、よそ者を絶対に町内会に入れることは無い!と言われました。

実際に町内会の話ではないですが、奈義町にゴミを捨てる場所を教えてもらいに行きましたが、奈義町に住所が無い者はゴミを捨てる事が出来ないと言われました。盆や正月などは10日近く山で生活しますのでゴミが捨てられないのは本当に困ります。

最近は私の山にも自転車や洗濯機その他色々な者を捨てに来る不届き者がいます。山には防犯カメラを設置しておりますので、写っている事もあれば捨てる現場に出くわし、こっそり証拠の写真などをとる場合もあります。

一度不法投棄の件について町に問い合わせた事があるのですが、その時は町の方から不法投棄に関しては町の方から引き取りに行きますから、大型ゴミの時に区長さんに申し出てください。と言う事ですので、区長さんのところまで行き、不法投棄の件について町の方から引き取らせてもらうと言われた事を告げましたが、区長さんは、そう言われてもと引き取りに来るとは絶対に言いませんでした。

それで仕方なく、町の方に証拠の写真を持っていき、誰が捨てたかは調べれば判るはず!と告げて帰りましたが、不法投棄のゴミは未だにそのままの状態です。

捨てた方の住所もこちらで調べればわかる事なのですが、留守中に家を悪戯されたり放火されるのも困りますので、よそ者の弱みで最終的には自分で業者を呼ぶしか仕方がないな・・・と諦めています。

次の話へ
よもやま話の目次へ