岡野オサムのそれゆけ!田舎暮らし

CONTENTS
プロローグ
山の開発大作戦
趣味の家づくり
オサムのよもやま話
リンク集
HOME
オサムのよもやま話

その24 「蚊取り線香事件」

そのような事があり、ヤギ小屋には毎日「蚊取り線香」を置くようになったのである。

ある日、母親が「この前からヤギ小屋の周囲を掃除しているのだけど、蚊取り線香の燃えカスが見当たらないのよ。ヤギが蚊取り線香を食べたりしてないかね?」との事。

そこで蚊取り線香を置いて、ヤギを隠れて観察してみたところ・・・

ヤギが煙が出てる蚊取り線香、美味そうに食ってる!やっぱりヤギが犯人か!この野郎!と思ったが、ヤギを相手に怒っても仕方がないのでヤギに食べられないように、蚊取り線香をヤギ小屋の天井に針金で吊るす事にした。ホッ!

それから数週間経ち、ヤギ達も蚊に悩まされる事無くすくすくと大きくなってきたと思っていたら、またまた母親がヤギ小屋の中に蚊取り線香の痕が無いと言い出した。

最初はヤギの足跡で消えたのだろうと思いましたが、母親が「やっぱり無い!」と言い張るので、再度ヤギを隠れて観察してみることに・・・

すると、何とヤギは蚊取り線香欲しさに、ヤギ小屋の中で立ったりジャンプしたり、小屋に体当たりしながら、蚊取り線香をバラバラと落とし、やっぱり食ってる!

ヤギの貪欲さに呆れたり、腹が立ったりしたがヤギを相手に怒っても仕方が無いので、ミルク缶をもらってきて、ミルク缶の蓋に釘で無数に穴を開けて、その中に蚊取り線香を入れることにした。

次の日、蚊取り線香を見てみると蚊取り線香が途中で消えてる。

次の日も又次の日もやっぱり途中で蚊取り線香が消えてる。

不思議に思い、またまたヤギを観察してみる事に・・・

するとヤギの野郎・・・蚊取り線香欲しさにミルク缶を覗き込んでいるではないか!

そのうち口からヨダレがポタポタ・・・思わず「それが犯人じゃあ〜!」と叫ぶ。

仕方なく次の日からヤギ小屋の外にミルク缶を置く事にしたが、効果がイマイチでヤギ小屋の中は小バエや蚊がブンブン飛びまわっている。

時々フマキラーを定期的にシュッ〜!これではキリが無い!


次の話へ
よもやま話の目次へ